韓 丘庸





朝鮮民主主義人民共和国の児童文学
『花時計・ピョンヤン駅』を刊行して

 この度、朝鮮民主主義人民共和国の児童文学『花時計・ピョンヤン駅』を素人社の好意によりコリア児童文学選として上梓することになった。
 「北十字星文学の会」としては、三年前より翻訳の準備に取り掛かったが、激変する朝鮮半島情勢や、日本国内での諸事情により、出版を見合わせざるを得なかった。今回、このように漸く出版の運びと成り感無量である。
 勿論、読者の中にはどうしてこの時期にと、依然疑問視する人もいるだろうが、逆にこの時期だからこそ世に問うという意味と併せて、南北の「統一児童文学」を目指す日に向けての素地になればと思っている。
 解放後59年、今まで共和国の児童文学がこうした形で、出版された試しは無かった。その意味でも日本の児童文学にとっても、また翻訳界にとっても、意義のあることである。
 この間、南北首脳会談や、朝・日首脳会談の進展を始め、一方では「冬ソナ」韓流に見られるように急速な韓国の日本接近も有った。しかし、朝鮮半島情勢は依然として厳しく、ましてや日本政府やマスコミは、恰も共和国の人々がすべて「悪人」でもあるかのように宣伝し、執拗に共和国バッシングを続けている。またその延長線上で、在日の子どもたちへの暴言や脅迫も後をたたない。
 周知の通り、共和国は今も南北分断国家の苦渋を強いられている。たしかに経済的にも豊かな国ではない。食糧も資源も不足しており、貧富の差も大きい。それでも子どもたちは質素な生活の中で、明るくそしてたくましく生きている、どこの国にでもいるごく普通の子どもたちである。
 この作品集を読んだ人は、ごく平凡で、素直な(時には純粋無垢な)子どもたちに接し、逆に首をかしげる人もいるかもしれないが、同じ北東アジアの一角に位置する共和国の子ども像を少しでも皆さんに知っていただけたらと思う。そして、いつの日か共和国の児童文学がアジアの児童文学に近づき、ひいては世界の児童文学の仲間入りができる日が来ることを信じて止まない。
 この本がひとりでも多くの人々に読まれて、朝・日友好親善の一助となれば幸いである。



Copyright (C) 1997 copyrights.kitajuujiseibungaku All Rights Reserved.